木やコルクにフルカラープリント! 間伐材グッズなどオリジナルグッズを製造販売する ECOGOODS.BIZ[エコグッズ.ビズ]

ホーム ブランドに進化するためには

ブランドに進化するためには

企業にとって販促活動の展開方法は常に考え続けるべきものですが、その中の1つに「ブランディング」という方法があります。
こちらでは企業の製品や企業そのものがブランドとなっていく過程をご紹介します。

 

顧客に認知してもらう

製品や企業そのものがブランド化するには、まず認知してもらう必要があります。製品や企業の名前を「知っている」、「有名」にする必要性があるのです。
例えば、これまでどの企業もやらなかった製品やサービスの企画・開発、広告活動の展開、他の同業他社企業と識別してもらうための企業名やロゴマークなど方法は様々です。例えば、ノベルティグッズ製作は広告活動に有効な方法です。
日常的に利用価値の高いノベルティグッズを製作し、名入れグッズを顧客に利用してもらうことで口コミでの広告活動が期待できます。

 

顧客との信頼関係を作ろう

ブランディングの第2段階は顧客との信頼関係を作ることです。
どんなに安い製品でも、品質向上を図らなければブランディングの成功は見込めません。顧客は何かを購入する時に品質や機能性の欠陥によるリスクを最も懸念しているからです。
製品・サービス品質の向上や万が一の際のアフターケアシステムの整備をすることで信頼性を高め、「この製品は失敗しない」というイメージを持ってもらいましょう。
その際に品質向上を図った小ロットのノベルティグッズ製作を繰り返すことで、製品・サービスの精度を高めていくことができます。

 

思い入れ・愛着を持ってもらおう

顧客は長く同じものを使い続けていると愛着が沸いてきます。特に日本には九十九神思想というものがあって、長く使い続けている日用品には不思議な力が宿るという考えが根底に根付いているため、モノを大事に使い続けることが美徳とされてきました。
企業や製品との絆を結ぶことで、その製品・サービスを利用していることそのものにステータスを感じ、自己表現の手段として用いるようになるのがブランディングの最終段階です。
例えば、昔ながらのオリジナル製法にこだわった日用品や、エコ素材へのこだわりはブランドイメージの形成に大きな役割を果たします。

 

製品・サービスや企業そのものをブランディングしようと考えた時に、費用対効果が気になる経営者様も多いです。
当店でもノベルティグッズ製作で企業の販促サポートをさせていただくことができますので、お見積りのご相談などぜひお寄せください。