戦国近江路_木札エコストラップ(明智光秀)

STOS03

550円(税50円)

在庫状況 残り50個です

家紋色
購入数

近江は大河ドラマ「麒麟が来る」の主人公、明智光秀の地。一説には近江の多賀出身とも言われています。また京の都に近い大津の坂本に坂本城を築いたことでも知られます。この木札エコストラップは、滋賀県産の間伐材(ヒノキ)を使ったエコ商品です。ヒノキのほのかな香りと優しい手触りが心地よく、使えば使うほど味が出てきます。近江の山々から切り出された間伐材を材料にして、地元で木工加工し、近江ゆかりの戦国武将をプリントを行って作られた「まるごと滋賀」のエコグッズです。特に木の素材感が戦国武将とマッチして喜ばれて、携帯電話のほかバックやキーホルダーにもお使いいただいています。木札の幅は25mmと比較的広めで家紋と部将名をしっかりと表現できます。そのため根付け紐は特注サイズになっています。家紋の色は通常は黒ですが、明智光秀公はシンボルカラーの水色もご用意いたしました。

サイズ:縦50×横25×厚さ5mm

材 質:滋賀県産ひのき(間伐材)

印 刷:片面フルカラープリント

加 工:プリント面水性ニス塗装

付 属:両坪レーヨン根付け紐

※根付け紐の色は写真と異なる場合がございます。予めご容赦お願いいたします。根付け紐の色を黒、紺、紺金にされたい場合は注文の際に備考欄でお伝えください。

カテゴリーから探す